FC2ブログ

Welcome to my blog

川越

小江戸川越散策

1 0
2020・2・24
蔵造りの町並みを散策

蔵造りは
類焼を防ぐための巧妙な耐火建築で、
江戸の町家形式として発達したもの。 
平成11年12月には
国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、
平成19年1月には
「美しい日本の歴史的風土100選」に選定された。

DSCN0114 (1280x960)


DSCN0115 (1280x960)


DSCN0116 (1280x960)



DSCN0188 (1280x960)


DSCN0163 (1280x960)


DSCN0138 (1280x960)


DSCN0150 (1280x960)


DSCN0144 (1280x960)

時の鐘は、
寛永4年(1627)から11年(1634)の間に
川越城主酒井忠勝が、多賀町(いまの幸町)の現在の場所に
建てたものが最初といわれている。
創建された江戸時代の初期から、暮らしに欠かせない「時」を告げてきた
小江戸川越のシンボル。
現在の鐘楼は、
明治26年(1893)に起きた川越大火の翌年に再建されたもの。
3層構造で、高さ約16メートル。
平成8年に、時の鐘は環境庁主催の
「残したい“日本の音風景100選”」に選ばれた。

DSCN0159 (1280x960)


DSCN0160 (1280x960)


DSCN0156 (1280x960)


DSCN0180 (1280x960)


DSCN0181 (1280x960)


DSCN0184 (1280x960)

アルバム

1 Comments

There are no comments yet.

コントロールのひろ  

2020-02-28 06:34

おはようございます。
川越・・・ご無沙汰ですね~~
時の鐘を見て思い出していますが・・・
天気の良い日に散策しに出かけたいな~~
ナイス!